審美歯科

sp_btn01.png

審美歯科では「銀歯が気になる」「前の歯並びが悪い」「歯を白く見せたい」といった見た目の美しさのほか、歯の本来の機能を取り戻すための治療を行っています。
また、審美歯科の治療は一般的な歯の治療と違い、健康保険の範囲内ではなく自費診療(※)となりますので、信頼できる医師のもとで治療を行うことをおすすめします。
当院では口腔外科の専門医が、一人ひとりの患者さまのお悩みに適した治療法をご提案させていただきます。

お悩み対処法
銀色の詰め物・被せ物が気になる 審美歯科で、セラミック治療を受けましょう。
歯の黄ばみをなくしたい ホワイトニングがおすすめです。
歯並びが悪いのがコンプレックス 矯正治療で改善しましょう。

セラミック治療

治療痕のわからない白い歯に

虫歯治療での銀色の詰め物やかぶせ物は、白い歯の中でどうしても目立ちます。セラミック治療はそれが気になる方や、金属アレルギーのご心配がある方におすすめの方法です。
銀色の詰め物やかぶせ物を自然な白さや透明感を再現できるセラミック素材と取り換えることで、歯の削る量が比較的抑えられる上に、治療痕を目立たなくさせることができます。

当院の取り扱い素材

オールセラミック

セラミックのみで作られた詰め物・被せ物。美しく、強度に優れています。

審美性 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
人気度 ★★★★★

メリット

  • 自然な白さと透明感が再現され、見た目が美しい
  • 強度が高く、長持ちする
  • 歯、歯茎ともに変色の心配がない
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 噛む力の強い奥歯には、適用できないことがある
メタルボンド

金属の土台にセラミックを焼きつけた被せ物。金属の強さとセラミックの美しさの両方を備えています。

審美性 ★★★★☆
耐久性 ★★★★★
人気度 ★★★★★

メリット

  • 見た目が美しい
  • 強度が高く、奥歯やブリッジにも適している
  • 銀合金と比較し、金属イオンの流出が遥かに少ない

デメリット

  • 土台が金属のため、透明感にはやや劣る
  • 金属アレルギーの心配が、まったくないとは言えない
  • 歯茎に変色が起こることがある
ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用樹脂)をかけ合わせた素材、ハイブリッドセラミックで作られた詰め物・被せ物。

審美性 ★★★☆☆
耐久性 ★★★☆☆
人気度 ★★★★☆

メリット

  • 適度な硬さのため、噛み合う歯や歯周組織を傷めない
  • 歯茎の変色が起きない
  • オールセラミックと比較し、費用が抑えられる
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • オールセラミックと比較すると、審美性に劣る
  • 長期間の使用で、多少の変色が起きる
ゴールド

ゴールドで作られた被せ物。

審美性 ★☆☆☆☆
耐久性 ★★★★★
人気度 ★★☆☆☆

メリット

  • 強度に優れ、奥歯に適している
  • 天然歯に近い硬さを再現できる
  • 丈夫で長持ちする

デメリット

  • 見た目は目立つ
  • 金属アレルギーの心配が、まったくないとは言えない
  • 歯茎に変色が起こることがある

(※)保険診療と自費診療の違いについて
歯科診療には健康保険制度の範囲内で受けられる「保険診療」と健康保険の規制に縛られない「自費診療」があります。

◆保険診療…国によってあらかじめ治療法ごとの費用が定められているため、いずれの歯科医院においても診療内容が同じであれば、ほぼ同一の費用で受けられます。メリットとしては、高度な技術や特殊な材料を用いる必要がなければ、抑えた費用で十分な治療が受けられること。デメリットは、選択できる素材や治療法が限られているので、機能性や耐久性を十分に追求することができないといった点です。

◆自費診療…保険診療の範囲に縛られないので、「最低限の機能回復」以上の治療が受けられます。選択できる材料や治療法に制限がないため、高度な治療や美しさ、機能性、耐久性を追求する治療が受けられるなど、選択の幅が広がります。デメリットは、治療費の設定が歯科医院によって異なるため、比較的割高になることです。

ホワイトニング

口元を美しく見せたい

嗜好品や喫煙、または加齢などによって着色する歯の黄ばみやくすみ、気になる方は意外と多いのではないでしょうか。「ホワイトニング」は、そんな歯を削ることなく漂白する処置です。体に優しい専用の薬剤を使用するので、芸能人を始め、近年では多くの方が受けられる処置として人気です。
メリットとしては、そのほかに理想の白さに近づけることや、セラミックなどの審美歯科治療と比べて、費用が抑えられる点です。
デメリットは、一定の白さを保つために、期間をおいて再び処置が必要になることや、詰め物やかぶせ物などの人工物は白くならないこと。また、ホワイトニングには年齢制限があり、知覚過敏があったり妊娠・授乳中の方など、個人個人の状況によって適応できないケースもあります。

詳しくは当院までお問い合わせください。


ホワイトニングには歯科医院で行うものと、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。今現在の白さを長持ちさせるために、当院ではホームホワイトニングを採用しています。

ホームホワイトニングのやり方

はじめに歯科医院で歯型を採ってマウストレーをつくり、ご自宅でそのマウスピースにホワイトニングジェルを注入し、毎日一定時間、歯に装着することで歯を白くします。ご自分のペースで取り組めるため、通院するお時間のない方にはおすすめの方法です。

マウスピース作成

 

ホワイトニング剤注入

 

装着

ブラッシング

 

完了

 

矯正歯科

歯並びが気になる方に

矯正歯科は、歯並びがよくない、噛み合わせが悪いといったお悩みを改善するところです。歯並びや噛み合わせに関する乱れは、ブラッシングがしにくいため、虫歯になりやすい、食べ物をうまく咀嚼できないといったように、日常生活にも影響を及ぼします。

成人矯正の治療法としては、歯の表面に小さなブラケットという装置を付けて、それにワイヤーを通し、正しい歯並びに導くという方法があります。
歯並びの矯正治療というと、「あの目立つ器具を口に装着するの?」と躊躇される方も多いと思いますが、成人矯正の場合は年齢制限もありませんし、治療を受けることで、正しく美しい歯並びを手に入れることができます。また、体の歪みが改善されたり、長年のコンプレックスが解消されたりするようなメリットが期待できます。

最近では摩擦抵抗力の小さい「ノンフリクションブラケット装置」という透明で目立たない装置も開発されています。これは食事の際に、食べカスがひっかかりにくく、短期間で済む上に、痛みの少ない矯正治療です。
当院では矯正の専門医が治療にあたりますので、矯正治療を受けることに不安のある方は、ぜひ、一度ご相談ください。

小児矯正

お子さまの場合は、治療の方法や開始時期も、お子さまの状態によって異なりますので、それぞれに合ったタイミングで治療を受けることが大切です。

というのも、小児矯正で行う「床矯正」は、乳歯と永久歯の混合歯列期に行うものだからです。成長期の力を利用し、入れ歯のような取り外し可能な装置を就寝時に装着することで、お口まわりの筋肉の発達を助けます。装置が目立たない上に、食事やお手入れに支障がない、抜歯のリスクを減らせる、顔貌の正しい成長を促すといった多くのメリットがあります。開始時期のタイミングを逃さないためにも、歯並びや噛み合わせで気になることがあったら、お早めにご来院ください。

TEL:047-498-5525 メールでの予約はこちら